病院や市販の薬で、吹き出物が治せるのか気になるところですが、実際のところどうなのでしょうか? 結論からいうと、吹き出物が治る場合もありますし、治らない場合もあります。 そのため、絶対に治せると言い切ることはできません。 症状が重ければ、それだけ治るのに時間がかかりますし、完治させるのは難しいです。 でも、症状が軽い場合には、治るのも早く、完治させることも可能でしょう。 また、市販の薬を使用するよりも、病院から処方される薬の方が効果が強いため、治る可能性も高いです。 病院から処方される薬は、大きく分けて2つあります。 ・抗炎症剤 ・皮脂分泌抑制剤 抗炎症剤には、吹き出物の炎症を抑える働きがあるため、炎症や化膿を起こしている際に処方されます。 皮脂分泌抑制剤は、吹き出物ができる原因になる皮脂の過剰分泌を抑制する働きがある薬です。 どちらも内服薬と外用薬があり、症状に合わせて処方されるでしょう。 病院から処方される薬は、効果が強い反面、副作用もあるので、使用にはくれぐれも注意してください。